メンバー

成島 尚之 教授 (Prof. Takayuki NARUSHIMA)

役職

教授, 博士(工学)

専門分野
  • チタンおよびチタン合金の表面改質による生体機能化・抗菌機能化
  • ステント用Co-Cr合金開発と機能発現
  • NiTi合金の晶析出物制御
  • 水素を利用したチタン融体からの酸素除去に関する物理化学的研究
  • 金属材料の高温酸化に関する実験的・計算材料学的研究
略歴
  • 1985年3月  東北大学工学部金属工学科 卒業
  • 1987年3月  東北大学大学院工学研究科修士課程 修了
  • 1987年4月  東北大学工学部 助手
  • 1994年2月  博士(工学)(東北大学)「炭化ケイ素および窒化ケイ素の高温酸化に関する研究」
  • 1994年12月  東北大学工学部・金属工学科 助教授
  • 1998年3月~1999年3月  米国カリフォルニア大学バークレー校 Research Fellow(文部省在外研究員)
  • 2004年6月  東北大学先進医工学研究機構 教授
  • 2004年4月−2005年3月  岩手大学 非常勤講師
  • 2007年4月  東北大学大学院工学研究科 教授
  • 2011年4月−現在  東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 非常勤講師
  • 2014年4月−2016年3月  大阪大学 非常勤講師
所属学会
  • 日本金属学会
  • 日本鉄鋼協会
  • 日本チタン協会
  • 軽金属学会
  • 日本バイオマテリアル学会
  • 日本歯科理工学会
  • 米国セラミックス協会
  • TMS
学会活動
  • 2010年4月−現在:日本チタン協会:産学連携委員会 学側代表
  • 2011年4月−2015年3月:軽金属学会 理事
  • 2012年4月−現在:日本バイオマテリアル学会 理事
  • 2015年8月−現在:チタン世界会議国際組織委員
  • 2018年4月−2020年3月:日本鉄鋼協会 理事
  • 2019年4月−2021年3月:日本技術者教育認定機構(JABEE) 理事
主な著書・論文
  • T. Ueda, N. Sato, R. Koizumi, K. Ueda, K. Ito, K. Ogasawara and T. Narushima, “Formation of carbon-added anatase-rich TiO2 layers on titanium and their antibacterial properties in visible light,” Dent. Mater., 37 (2021) e37–e46. https://doi.org/10.1016/j.dental.2020.10.009
  • S.Kr. Bhattacharya, R. Sahara and T. Narushima: “Predicting the parabolic rate constants of high-temperature oxidation of Ti alloys using machine learning,” Oxid. Met., 94 (2020) 205–218. https://doi.org/10.1007/s11085-020-09986-3
  • K. Ueki, S. Yanagihara, K. Ueda, M. Nakai, T. Nakano and T. Narushima: “Overcoming the strength-ductility trade-off by the combination of static recrystallization and low-temperature heat treatment in Co-Cr-W-Ni alloy for stent application,” Mater. Sci. Eng. A, 766 (2019) 138400 (11 pages) https://doi.org/10.1016/j.msea.2019.138400
  • M. Watanabe, F. Sato, R. Abe, K. Ueda, D. Matsuwaka, F. Kudo and T. Narushima: “Deoxidation of Ti melt by newly developed two-step plasma arc melting process using hydrogen,” Metall. Mater. Trans. B, 50 [4] (2019) 1553–1558. https://doi.org/10.1007/s11663-019-01608-x
  • T. Narushima, S. Mineta, Y. Kurihara and K. Ueda: “Precipitates in biomedical Co-Cr alloys,” JOM, 65 (2013), 489–504. https://doi.org/10.1007/s11837-013-0567-6
受賞
  • 1994年 第15回本多記念研究奨励賞
  • 2007年 記念賞(西山記念賞)(日本鉄鋼協会)
  • 2007年 第6回軽金属躍進賞(軽金属学会)
  • 2008年 第66回日本金属学会功績賞(日本金属学会)
  • 2012年 第29回日本チタン協会技術賞
  • 2014年 第12回軽金属功績賞(軽金属学会)
連絡先

研究者紹介

東北大学研究者紹介
Pure東北大学
Researchmap

上田 恭介 准教授 (Associate Prof. Kyosuke UEDA)

役職

准教授, 博士(工学)

専門分野
  • 生体用金属材料の表面処理に関する研究
  • 生体用金属材料の微細組織に関する研究
  • 生体用金属材料の腐食・摩耗・疲労に関する研究
略歴
  • 1999年3月  東京都立小石川高等学校 卒業
  • 2003年3月  東北大学工学部金属工学科 卒業
  • 2005年3月  東北大学大学院工学研究科修士課程 修了
  • 2005年4月  日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2008年3月  東北大学大学院工学研究科博士課程 修了 博士(工学)
  • 2008年4月  東北大学大学院工学研究科 助教
  • 2016年4月~現在  東北大学大学院工学研究科 准教授
  • 2019年8月~2020年8月 英国Imperial College London, 客員研究員
所属学会
  • 日本金属学会
  • 日本鉄鋼協会
  • 日本バイオマテリアル学会
  • 軽金属学会
  • 粉体粉末冶金協会
  • 日本歯科理工学会
学会活動
  • 2013年3月−2021年3月:日本金属学会 会報編集委員
  • 2013年11月−現在:日本バイオマテリアル学会 評議委員
  • 2015年4月−2019年3月:軽金属学会東北支部 支部幹事
  • 2017年3月−現在:日本金属学会 分科会委員
  • 2017年4月−現在:軽金属学会 企画委員
  • 2021年4月−現在:日本チタン学会 監事
主な著書・論文
  • J. Wu, K. Ueda, T. Narushima: “Fabrication of Ag and Ta co-doped amorphous calcium phosphate coating films by radiofrequency magnetron sputtering and their antibacterial activity,” Mater. Sci. Eng. C, 109 (2020) 110599.
    https://doi.org/10.1016/j.msec.2019.110599
  • T. Ueda, K. Ueda, K. Ito, K. Ogasawara, H. Kanetaka, T. Mokudai, T. Narushima: “Visible-light-responsive antibacterial activity of Au-incorporated TiO2 layers formed on Ti-(0–10)at%Au alloys by air oxidation,” J. Biomed. Mater. Res. A, 107A (2019) 991–1000.
    https://www.doi.org/10.1002/jbm.a.36624
  • M. Omiya, K. Ueda, T. Narushima: “Microstructure and mechanical properties of an α+β type Ti-4V-0.6O alloy,” Mater. Trans., 58 (2017) 1250-1256.
    https://www.doi.org/10.2320/matertrans.L-M2017825
  • O. Gokcekaya, K. Ueda, K. Ogasawara, H. Kanetaka, T. Narushima: “In vitro evaluation of Ag-containing calcium phosphates: Effectiveness of Ag-incorporated β-tricalcium phosphate,” Mater. Sci. Eng. C, 75 (2017) 926-933.
    https://www.doi.org/10.1016/j.msec.2017.02.059
  • K. Ueda, M. Kasamatsu, M. Tanno, K. Ueki, J. Geringer, T. Narushima: “Effects of precipitates and albumin in simulated body fluids on pin-on-disk wear behavior of biomedical Co-Cr-Mo alloys,” Mater. Trans., 57 (2016) 2054-2059.
    https://www.doi.org/10.2320/matertrans.MI201518
受賞
  • 2011年 第21回日本金属学会 奨励賞(材料化学部門)
  • 2015年 第25回トーキン科学技術振興財団 トーキン科学技術賞
  • 2015年 第55回原田研究奨励賞(本多記念会)
  • 2016年 第34回軽金属奨励賞(軽金属学会)
  • 2020年 第41回本多記念研究奨励賞(本多記念会)
  • 2020年 第17回村上奨励賞(日本金属学会)
連絡先

研究者紹介

東北大学研究者紹介
Pure東北大学
Researchmap

学生

博士課程

  • 氏名:古泉 隆佑
    学年:D2
    研究テーマ:窒素含有可視光応答型光触媒活性TiO2膜の作製と評価
    出身地:新潟
    趣味・その他:趣味はツーリングです。晴れた日に走る田舎道が気持ちいいです。
  • 氏名:スクマ スチ フリアンダニ
    学年:D2
    研究テーマ:ステント用Co-Cr-W-Ni合金の微細組織および力学特性に及ぼす添加元素の影響
    出身地:インドネシア
    趣味・その他:料理、映画

研究生

  • 氏名:JunRey Lincuna Sullano
    学年:修士研究生
    研究テーマ:***
    出身地:フィリピン
    趣味・その他:***

修士課程

  • 氏名:檀崎 生岳
    学年:M2
    研究テーマ:プラズモニック貴金属ナノアイランド膜の作製および光学特性評価
    出身地:宮城県
    趣味・その他:ゲーム(FPS)
  • 氏名:アレキサンダー マッメーン サミュエル
    学年:M2
    研究テーマ:ゾルゲル法による抗菌性と骨適合性を有する高密着力生体活性ガラス膜の作製
    出身地:ムンバイ市、インド
    趣味・その他:ボクシングと柔道が好きです。好きな選手はマニー・パッキャオと丸山城志郎。
  • 氏名:井越 翔太
    学年:M2
    研究テーマ:抗ウイルス光触媒活性チタニア膜の作製と評価
    出身地:新潟県
    趣味・その他:オタ活(TWICE)、サッカーの試合観戦、最近なぜか読書をするようになった
  • 氏名:気田 和生
    学年:M2
    研究テーマ:α+β型Ti-NbおよびTi-V合金の特性に及ぼす窒素の影響
    出身地:静岡県
    趣味・その他:筋トレ、ゲーム
  • 氏名:橋本 航
    学年:M2
    研究テーマ:生体用Co-Cr-Mo合金の析出に及ぼす加工熱処理の影響
    出身地:宮城県
    趣味・その他:仙台のラーメンが好きです。
  • 氏名:本田 有作
    学年:M2
    研究テーマ:X線造影性を有する低侵襲性ステント用Co-Cr系合金開発
    出身地:岩手県
    趣味・その他:歌うことと服を見るのが好きです。よろしくお願い致します。
  • 氏名:檜山 快
    学年:M1
    研究テーマ:生体用Co-Cr-Fe-Mo系合金の微細組織および機械的特性に及ぼすNiの影響
    出身地:秋田県
    趣味・その他:バドミントン
  • 氏名:増田 拓朗
    学年:M1
    研究テーマ:ゾルゲル法によるSiO2-CaO-P2O5系生体活性ガラスの作製と評価
    出身地:東京都 練馬区
    趣味・その他:料理、スポーツ観戦、一人旅行が好きです。
  • 氏名:松﨑 優也
    学年:M1
    研究テーマ:水素プラズマを利用したチタン合金融体からの酸素除去
    出身地:茨城県牛久市
    趣味・その他:写真撮影、アニメ鑑賞、スポーツ、カラオケ、切り絵、料理

学部生

  • 氏名:阿部 柚佳
    学年:B4
    研究テーマ:AgおよびTa共添加SiO2-CaO-P2O系生体活性ガラスの作製と評価
    出身地:***
    趣味・その他:***
  • 氏名:泉池 直哉
    学年:B4
    研究テーマ:スパッタリング法による軽元素添加TiO2膜の作製と光触媒活性評価
    出身地:***
    趣味・その他:***
  • 氏名:伊藤 悠莉
    学年:B4
    研究テーマ:ステント用Co-Cr系合金の析出物制御
    出身地:***
    趣味・その他:***
  • 氏名:窪田 侑真
    学年:B4
    研究テーマ:ゾルゲル法によるTiO2膜の作製と評価
    出身地:***
    趣味・その他:***
  • 氏名:栗田 菜々子
    学年:B4
    研究テーマ:スパッタリング法を用いた抗菌元素添加非晶質リン酸カルシウム薄膜の作製
    出身地:***
    趣味・その他:***
  • 氏名:中島 知紀
    学年:B4
    研究テーマ:生体用Co-Cr-W-Ni合金の低温熱処理条件の最適化
    出身地:***
    趣味・その他:***
  • 氏名:和田 知己
    学年:B4
    研究テーマ:生体用Co-Cr-W-Ni合金の微細組織に及ぼす窒素添加の影響
    出身地:***
    趣味・その他:***

東北大学大学院工学研究科
材料システム工学専攻

生体材料システム学講座
医用材料工学


成島研究室

〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-02

Graduate School of Engineering, Tohoku University

Department of Materials Processing

Biomedical Materials,
Narushima Laboratory

6-6-02 Aza Aoba, Aramaki, Aoba-ku, Sendai 980-8579,Japan

Copyright © Narushima Laboratory
トップへ戻るボタン